php-fpmとnginxのインストール手順

nginxのインストール

sudo yum install nginx
# 自動起動設定
sudo systemctl enable nginx
# 起動
sudo systemctl start nginx

php-fpmのインストール・設定

EPELリポジトリ・remiリポジトリ

EPELリポジトリ、remiリポジトリを有効にします。

# サクラのVPSの場合はじめからEPEL(イーペル)というリポジトリが使用可能なのでこのコマンドは不要です
sudo yum -y install epel-release

# remiリポジトリを使えるようにします
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

参考: ネコでもわかる!さくらのVPS講座 ~第四回「phpとMariaDBをインストールしよう」 | さくらのナレッジ

php-fpmをインストール

php-fpmをインストールします。

yum install --enablerepo=remi,remi-php72 php-fpm
# 自動起動設定
sudo systemctl enable php-fpm.service
# 起動
sudo systemctl start php-fpm.service

php-fpmのwww.confを設定

主な変更点は下記です。;でコメントアウトされてたりするので外してください。

;はコメントです。

;ソケット通信にします
;listen = 127.0.0.1:9000
;↓
listen = /var/run/php-fpm/php-fpm.sock

user = nginx
group = nginx

listen.owner = nginx
listen.group = nginx
listen.mode = 0660

これでphp-fpmを再起動することにより、/var/run/php-fpm/php-fpm.sockが作成されます。

systemctl restart php-fpm.service

nginxのconf設定

nginxは/etc/nginx/conf.d/以下にある*.confを読み込んでくれるので下記のようにproject-name.confを作成します。

編集ファイル: /etc/nginx/conf.d/project-name.conf

server {
    listen       80;
    server_name  project-name.com;
    root   /var/www/project;
    charset UTF-8;
    access_log  /var/log/nginx/project-name.com.access.log  main;
    error_log  /var/log/nginx/project-name.com.error.log;

    location / {
        index index.php index.html index.htm;
    }

    location ~ \.php$ {
        fastcgi_pass   unix:/var/run/php-fpm/php-fpm.sock;
        fastcgi_index  index.php;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
        include        fastcgi_params;
    }

}